洋館家メディア情報

戸建賃貸経営情報関係を中心に、お役立ち情報を発信

省エネ住宅のコスト増はどれくらい?

長期的に見てメリットのある省エネ住宅
長期的に見てメリットのある省エネ住宅ですが、一方では同時にコスト増の懸念があるので注意が必要です。コストが増加するのは、一般的な住宅に対して省エネ対策で増える分と、認定を受ける際に発生する費用が主です。前者は建材や施工費を始めとして、設備の設置で増えるコストが懸念材料となります。

場合によっては、設計の段階で費用が増すケースもありますから、あらゆる部分で省エネ住宅のコスト増は気になるものです。後者は認定を受ける為のコストのことで、第三者機関に支払う審査料が当てはまります。審査料の金額は依頼を行う機関によりますが、一般的には5万円から6万円程度が相場となっています。認定を受けた省エネ住宅はメリットが授受できるので、それまでに費用が必要となると考えることが可能です。
基準を満たさなければ審査が受けられませんし、審査を受けたとしても認定されなければ無駄になります。
より確実に認定してもらうには、抜かりがないように建材を選んだり、念入りな設計を行った上で確実な施工を行うことが肝心です。断熱性能の向上は省エネ住宅の実現に有利なので、断熱材を中心とした対策で省エネを目指すケースが多いです。性能が基準を満たしていない場合は、住宅構造の見直しや断熱材の追加によって、約100万円ほどのコスト増に結び付きます。
金額は住宅の状態や大きさ、それに立地なども関係しますから、100万円未満で済むケースもあります。
しかし、平均的な戸建住宅であれば、この位の予算を考慮して省エネ住宅の認定に挑戦することとなるでしょう。

一方で施工ミスが発覚したと想定すると、もっと費用が必要になってコストのアップに繋がります。設計の段階で不備が見当たらないとしても、施工後にミスが分かると厄介です。勿論、施工上の不備は施工業者の責任ですが、早めに問題を解消しようとするとコストに直結します。費用はミスの程度によるので、具体的な金額を出すことは難しいですが、少なくとも数十万円で済むより百万円規模でコストが増加する可能性が高いです。不良箇所が多ければ、それだけ修正や改善に時間が掛かりますから、状況次第では金額よりも時間的なコストの方が頭を痛くさせます。

省エネ住宅の認定達成を確実に実現したいなら、施工業者の選定を念入りに行なったり、管理体制を強化して建て始めるのが理想的です。どちらも経済的な負担が増えてしまうので、両方共に省エネ住宅のコストを増加させる要素だといえます。

信頼性が高い施工業者は、コストよりも施工の確実性に強みがあるので、費用対効果で選びたい場合には不向きです。ただ、計画通りに住宅を建ててくれる信用はありますから、施工不良によるコストの増加は高い確率で避けられます。もっと施工ミスを避けたいと考えるのであれば、管理体制を見直して施工を進めている必要があるでしょう。二重三重のチェックを行おうとすると、人員を必要とするので人件費の増加に至ります。第三者の業者に管理の強化を任せるとなれば、建築費の15%ほどの費用が増加分のコストになります。

戸建ての住宅で費用を考える場合は、約200万円程度のコストが伸し掛かることを意味します。業者の追加なしで施工を進めることも可能ですが、失敗するリスクとミスによる費用のアップもあり得るので、天秤に掛けてどちらかを選ぶかが問われます。

大抵は通常通りの施工が行われるケースが殆どで、コストの増加率も現実的な水準の範囲内で収まります。平均的なコスト増加の割合は5%前後とされていて、金額ベースなら100万円から200万円あたりとなります。
これを高いと見るか、安いと考えるかは人それぞれですが、最低でもこれ位は上がるのが一般住宅に対する省エネ住宅のイメージです。設計が新しく良好な立地に住宅を建てる場合は、100万円以下に抑えられる可能性が高まります。
更に、断熱効率が良くなる住宅設備から見直していけば、コストの圧縮ができて省エネ住宅が実現したり手に入るでしょう。いわゆるイニシャルコストの差は抑えられますから、闇雲に省エネ化を進めなければ、現実的で納得できる金額に落ち着くはずです。
コストダウンについて
窓は断熱性を高めやすい部分で、低コストながらも大幅な性能のアップに期待できます。室内外の温度差が減って快適性が向上しますし、湿度の上昇や結露の発生が抑えられるので、健康対策にも役立ちます。冷暖房費の削減に加えて、医療費増の回避に繋がる可能性もありますから、長い目で見ると節約効果が生まれてコストが相殺できます。

イニシャルコストが注目される省エネ住宅ですが、逆にランニングコストも無視できないポイントの1つです。住宅の完成後、直ぐにランニングコストが発生するわけではありませんが、10年20年単位で考えると次第に負担が増えて行きます。30年も経つとかなり傷んでくるので、設備を入れ替えたり補修するコストが発生します。
省エネ設備を入れ替えるとなれば、その分の金額がランニングコストを増やしますから、時間の経過によって負担はこのような部分にも現れます。省エネ認定を受けた住宅は、補助金や減税といった優遇のメリットがあります。

補助金は1戸あたり最大150万円ですし、減税に関しては400万円から500万円の控除が受けられる仕組みです。そう考えるとイニシャルコストの増加分は相殺できますし、長期的なランニングコストの負担も抑えられます。

性能を重視する住宅である以上、数百万円位の負担増加は避けられませんが、認定さえ得られればメリットとなって返ってきます。快適性に関するメリットも豊富ですから、十分にコストに見合うだけの負担増加だと捉えられるでしょう。

住宅の価格はなるべく下げたいと考えるものですが、将来に対する投資だと思えば、省エネ住宅の費用は現実的で納得させるものです。環境に優しい住宅を追求する結果として、人にも優しい住環境が実現するわけですから、トータルで魅力的な住まいの考え方です。
エネルギー節約
暑い季節や寒い冬の快適性は何ものにも代えがたいですし、金額だけでは測れない良さが感じられたり、選んで良かったと思える余地も生まれます。

断熱性能を追求していけば、断熱対策だけでも十分にエネルギーの節約が行えます。エネルギー消費に関する冷暖房の割合は高く、その多くは窓や壁から無駄となって出ていってしまいます。この性能の低い住宅は、いわばお金が流れ出ているようなものですから、改善して性能を高めればエネルギーの無駄が減らせます。

季節ごとに機械で作り出す快適な空気は、窓や建具の隙間などからも逃げていくものです。空気が早く逃げる住宅では、逆に流入してくる空気の量も多いので、快適性を維持する冷暖房コストが増加しがちです。特に、木造や古くて隙間が数多くできている建物は、断熱性に期待できないばかりか快適性も低めです。その点は断熱の見直しで改善できますし、住宅の一部だけであっても快適性の実感が得られます。

窓は室外との間を隔てる部分で、壁などに比べると熱伝導率が高く快適性が逃げやすいです。窓を二重にしたり、ガラス部分にガスを封入した高性能な窓に変えると、夏は涼しく冬は暖かさが持続します。使用する冷暖房のエネルギーが節約できるので、経済的な負担が減少する節約になるわけです。

住宅内を全て省エネ重視で窓に変えると、部屋ごとの温度差が少なくなって、急に冷えたり暑く感じることがなくなります。温度変化に敏感な高齢者は、入浴後の急激な気温の変化で体調を悪くしがちなので、そういった心配を減らせるのもメリットです。
メリットは快適性やエネルギー削減に加え、外から入り込む騒音の減少や、耐久性の向上で長く使い続けられる寿命の増加にも関係します。

通りに面する住宅は、車や人の声が室内に入り込みやすいので、夜間の騒音となると眠りの妨げになります。日中でも耐え難い騒音はストレスに変わりますから、高性能で断熱性が優れる窓は、人の無駄なエネルギーの節約も助けてくれます。

性能が不十分な窓は、冬場の冷気流入と共に結露が発生する恐れを強めます。表面に水滴が付く程度なら大丈夫ですが、長時間乾かなかったり水溜りができるようだと、住宅の寿命を縮めたり健康リスクを高めます。結露は壁の中や見えない部分にも生じますから、窓まわりの問題は思った以上に深刻で、断熱性を改善すべきだと訴え掛けているポイントです。
窓を断熱性能の高いものに変えるのであれば、壁にも目を向けてエネルギーの節約を図るのが得策です。壁は住宅における面積が広い部分で、室内の四方を囲む重要なパーツです。
快適性の影響
太陽光を受ければ熱が室内に伝わりますし、冷たい風が流れていれば、それも室内に伝えて人の快適性に影響します。窓のように、結露の発生は目に見える部分には起こりにくいですが、断熱性が低く室内外の気温差があれば内部に湿りが生じます。

簡単に腐らないような対策は行われるものの、長期的な耐久性の実現には優れた断熱性能が必要不可欠です。目に見えない内部的な不安要素だからこそ、断熱性を高めてエネルギーの節約を目指す必要があります。断熱材が不十分な住宅においては、コンクリート製でも木造を思わせるような暑さや寒さが起こります。
夏場にエアコンを付けても涼しくなりにくく、涼しくなってもひと度電源をOFFにすれば、あっという間に気温が上昇して快適性が失われます。

つまり、こういった住宅ではエアコンを使っても室温を維持するのが精一杯で、一定の温度を保つ為にエネルギーを使い続けることになります。壁から伝わる熱気や、壁を伝わって逃げる冷気は馬鹿にできませんから、省エネを達成したいなら壁の断熱性能も向上させましょう。
冬場も夏と同じく暖房の熱が逃げてしまうので、気温がマイナスになるような地域では、かなりの無駄が生じている恐れがあります。窓と壁、2つのポイントを改善すると住宅の快適性は大幅に向上しますし、エネルギーの無駄が減って電気代の節約にもなります。

未対策で快適とは程遠い室内では、壁の内側に結露が生じていたり、カビが生えてシロアリを呼び寄せるリスクが高まっています。夏にエアコンで室内をガンガンに冷やす場合は、余計に結露の発生を促進するので、やがて健康被害に結び付く恐れが上昇します。

カビは見た目だけでなく、空気の流れに乗って室内に入り込んだり人が吸い込みます。同じように湿り気がある場所にカビが入り込めば、目に見える形で黒ずんだり臭いを発するでしょう。毒性を持っているカビは、人にとって有害な上に咳やくしゃみの切っ掛けとなります。
中にはアレルギーを引き起こすケースもあって、くしゃみが止まらなくなったり、目に痒みを覚えて不快感が増したりします。

断熱性の不足は思いの外深刻ですから、少しでも住宅の快適性に疑問を感じている場合は、目に見えない部分にも意識を向けて見直すことが大切です。

壁の内部に断熱材が沢山入っていると、エアコンの効きが良くなって機械は無理のない運転ができるようになります。空調機器の寿命の点でも、断熱性能を高めることは間接的に役立ちますし、空調のランニングコストが減るので一石二鳥です。
仮に室温が冷えた状態で電源を切っても、暫くは涼しい状態が保たれますから、室温の変化による不快感や体調不良のリスクを高めずに済みます。

気密性が高く窓や壁の性能も優れている住宅は、換気の効率も高められるので、空気の入れ替えも省エネルギーで高効率となるでしょう。
自然風を採り入れる構造が採用されていれば、換気扇の使用は殆ど不要になって、何時でも新鮮で爽やかな風が循環します。
そんな魅力も断熱性能があってこそですから、エネルギーの節約を考えるのであれば、断熱を見直すのが近道でベストです。

屋根は直射日光を受ける部分なので、ここも断熱すると住宅全体の快適性がアップします。
暖かい空気は屋根に向かって集まる傾向ですから、屋根を断熱してあげると冬場に感じる寒さが防げます。2階建てで上と下の暖かさが違う、そのような住宅の不満を解消できるのが屋根の断熱です。

夏は直射日光の熱が伝わりにくくなるので、季節を問わずに省エネルギーで、エネルギーの節約をしながら気持ち良く過ごせます。
太陽光発電システムも採り入れれば、低断熱住宅の大敵だった太陽の熱が、敵ではなくなって味方に変わります。

発電したエネルギーも効率的に使えるので、無駄を減らして快適に過ごせる住宅を実現するなら、断熱性のアップが狙い目となります。
広い賃貸住宅を借りる時代
賃貸経営を成功するためには
本物の賃貸住宅を造る。戸建賃貸投資の幕開け
ゼロエネ住宅標準化【ZEH】とは何か?
住宅の資産価値がゼロになるかもしれない危険?
省エネ基準の義務化により購入者が考慮すべきポイントは?
省エネ住宅のコスト増はどれくらい?
洋館家 戸建賃貸
栃木県知事(般-28)第22480号
栃木県鹿沼市西茂呂1丁目3番地13
【フリーダイアル】0120-64-3138 【TEL】0289-64-3138
Copyright©Youkan Co.,All Rights Reserved.