洋館家メディア情報

戸建賃貸経営情報関係を中心に、お役立ち情報を発信

広い賃貸住宅を借りる時代

賃貸住宅はなぜ狭い?
 賃貸住宅の一戸当たりの面積は34~39㎡といわれており、狭いと感じている居住者が多く存在しています。また狭い以外にも生活音が響いてプライバシーが保てないなどの不満な点もあります。

このような居住者にとって不便な点が多い賃貸住宅はなぜ狭いのかというと、投資効率を最優先させているからです。現在の住宅業界は貸し手市場なので、物件を造れば借家人はいるという発想から最小単位の部屋を作って利益を上げようとしているのです。

最近では不動産会社が相続税の節税対策としてオーナーに狭い部屋を造らせるという営業戦略を行っているので、ますます狭い賃貸住宅が造られている現状があります。

このように賃貸住宅が狭い理由はすべて貸し手の都合によるものなのです。借家人にとって不便があっても収益を得られればよいという発想によってアパートなどの多くの賃貸が造られているのです。それでも今は需要があるかもしれませんが、時代の移り変わりによってある日突然需要がなくなってしまう場合があります。現代の人々は昔と違い、生活のクオリティが上がってきているので広い住宅を求めている場合が多いです。畳の上で生活していた昔とは違い、フローリングでの生活が主流となった現代では、ベッドやダイニングテーブルなどの大型家具が必要になっています。これらの生活の変化に対応することが賃貸業界にとって大切であるといえるのです。いつまでも狭い賃貸ばかり造っていたらいつかは需要がなくなってしまう日がくるかもしれません。そうなる前に考え方を変えて対策を練ることが大切です。借家人のニーズが広い住宅を求めているのであれば、そのニーズに応えて広い住宅を提供することがポイントになります。
アパートは供給過剰市場
 アパートのデメリットは、木造が多く壁が薄いことやエントランスがないので防犯面に心配があることです。壁が薄いことは住み続けるのに様々な問題を引き起こします。例えば壁が薄いと隣りや階下へ音漏れしてしまう恐れがあるので、トラブルの原因になってしまうことがあります。また壁が薄いと外部へも音漏れしてしまうことがあるので、プライバシーを守ることが難しいです。

エントランスがなくて防犯面に心配があるアパートは、女性の一人暮らしの場合、安全面が心配されるのではないでしょうか。女性の一人暮らしの場合には大きなデメリットであるといえます。

また住宅密集地に建てられているアパートは、日当たりが悪くなるというデメリットがあります。特に1階の日当たりは悪いのでアパートの1階に住む場合は注意が必要です。

他にもアパートのデメリットには気密性が低いという点も挙げられます。気密性が低いと冷暖房のききが悪くなってしまうので、マンションなどに住むより光熱費が上がってしまう場合があります。特に昭和56年6月の耐震基準の改正以前に建てられたアパートの中には耐震基準を満たしていなかったり、木材や壁材が傷むことによって火災になりやすかったりするので注意するようにしましょう。

このようにアパートにはさまざまなデメリットがあるのですが、現在の不動産業界ではアパートが供給過剰になっているのが現状です。このような狭くてデメリットの多い賃貸住宅のアパートに住みたくないと感じている方は、分譲マンションや建売住宅を買うというのがこれまでの対策でした。しかしこれからの時代は賃貸住宅の中古物件をリフォームすることや新築などによって広い賃貸を借りることができるのです。

 
広い戸建て賃貸住宅市場はブルーオーシャン
 賃貸市場では利益を最優先した不動産経営や不動産会社の営業戦略によってアパートは供給過剰市場といえますが、戸建賃貸経営を行っているオーナーはまだ少数なので戸建賃貸供給不足であるといえます。したがって広い戸建て賃貸住宅市場は競争相手のいない未開拓の市場であるブルーオーシャンであるといえるでしょう。

これからの時代は生活の質を求める人が多くなってきているので、広い部屋に住みたいという需要が高まっています。また一昔前は自分の家を持つということがステイタスになっていたので持ち家を持つ人が多かったですが、終身雇用が崩壊している現代の日本では、多額の住宅ローンを組むことが大きなリスクになっているので賃貸を求める人が多いのではないでしょうか。そこで賃貸で尚且つ需要が見込まれる広い戸建てが必要なのです。この広い戸建て住宅市場は、供給過剰になっているアパート経営を行っているオーナーや不動産会社はまだ目を向けていないので今がねらい目であるといえます。自宅を買うより先に賃貸住宅に投資して戸建賃貸経営を行うようにしましょう。

戸建賃貸に入る入居者の多くはファミリー層なので入居期間が長いというメリットがあります。入居期間が長ければ長いほど安定収入を得ることができるので、安心して投資を行うことができます。またマンションのオーナーだと修繕などの大規模工事にはオーナー全員の了解を得なければなりませんが、戸建てであれば自分の意思によって自由に修繕などを行える点もメリットの一つであるといえます。単身者が多いアパートだと駅から離れると人気がなくなって安定した収益を得ることができませんが、ファミリー層の多い戸建ては駅から離れていても需要があるので安心です。
広い賃貸住宅を借りる時代
賃貸経営を成功するためには
本物の賃貸住宅を造る。戸建賃貸投資の幕開け
ゼロエネ住宅標準化【ZEH】とは何か?
住宅の資産価値がゼロになるかもしれない危険?
省エネ基準の義務化により購入者が考慮すべきポイントは?
省エネ住宅のコスト増はどれくらい?
洋館家 戸建賃貸
栃木県知事(般-28)第22480号
栃木県鹿沼市西茂呂1丁目3番地13
【フリーダイアル】0120-64-3138 【TEL】0289-64-3138
Copyright©Youkan Co.,All Rights Reserved.