戸建賃貸経営

戸建賃貸経営とは、お客様が所有している土地に賃貸用の戸建住宅を建て収入を得る土地の活用方法です。
現在戸建賃貸は、入居希望者が多数なのに対して供給量が圧倒的に少ない為に、入居率が非常に高く郊外などの立地でも入居率が高いので安定した収入を得る事が出来ます。
賃貸経営はマンション・アパートが一般的ですが、地方都市の人口減少などの供給バランスが崩れ家賃収入は下落傾向にあります。
戸建賃貸経営はオーナー様に安定した賃貸収入を得ることのできる商品を第一に考え、オーナー様が安心できる新しい資産運用商品としてご提案します。

戸建賃貸の優位性

戸建賃貸は常に予約待ちの状態です。
供給戸数が少ないので、入居率・近隣戸建がない為に競争相手が発生しません。
常に非常に高い入居率を維持可能であり、洋館家の戸建賃貸に関しては入居率100%の実績があります。希少性が高く、長期にわたり高いニーズが見込めるのが現状です。
アパート・マンションは立地に左右されての入居が目立ち、郊外にある物件は入居者が減ります。
戸建賃貸は車保有のファミリー層が中心になるので、立地条件の悪さに左右されません。
投資額が少なくて済みます。たとえば2棟建てた場合1棟を住まいに、もう1棟を賃貸し収益を上げる事ができる可能です。
選べる数種類の商品ラインナップがあるので、街並みを作ることができ賃貸付加価値を上げられます。
管理維持費・管理費などは共有部分がないのでかかることがありません。修繕費も一般のアパート・マンションと違い入居年数が長い為に3分の1で済ますことが可能になります。

高い収益性

戸建賃貸住宅は生活環境が大幅に変わる事が少ないファミリー層が中心に入居しますので、「家賃の滞り」「トラブル」も少なく、比較的収入の安定した入居者が中心になることも魅力です。
戸建賃貸経営の魅力として、入居年数ではアパート・マンションの入居期間は約2年が一般的ですが、戸建賃貸の入居期間は約5年と言われています。
家賃変動が少ない為、長期間にわたり安定した経営が実現します。
アパート・マンションと違い、一戸ずつ売却が可能なので出口対策としての売却も損切りせずに済みます。

節税対策

戸建賃貸を建設する事により、その土地は小規模住宅用地となり、1戸当たり200㎡までは固定資産税が1/6に、都市計画税が1/3に軽減されます。
200㎡を超える部分は、固定資産税1/3・都市計画税が2/3に軽減されますので節税対策になります。
賃貸経営は管理コスト・支払金利など実際の経費以外に減価償却費を計上する事が可能なので課税対象額を抑えられます。
青色申告では特別控除を受けられますので、事業規模での経営は協力している親族に専従者給与を経費する事により課税対象額を大幅に抑えることが可能です。
土地活用に戸建賃貸を選択することで、収入を得ながら固定資産税が軽減され、効果的な節税対策を行うことが可能です。

相続対策

戸建賃貸の土地は貸家建付地と評価されるので相続税評価額が軽減されます。
土地評価が75%前後軽減し、建物価格相続対象に適用すると建築費用40%前後に減少します。
戸建賃貸は土地・建物の分筆が可能なので、争続になる事なく円滑に相続処理が出来るので相続税評価額を下げられます。
収益物件として切り離しての売買も可能です。
分筆不可能なアパートやマンションとは違う戸建賃貸のメリットです。