戸建賃貸経営とは

戸建賃貸経営

戸建賃貸経営とは、お客様が所有している土地に賃貸用の戸建住宅を建て収入を得る土地の活用方法です。
現在戸建賃貸は、入居希望者が多数なのに対して供給量が圧倒的に少ない為に、入居率が非常に高く郊外などの立地でも入居率が高いので安定した収入を得る事が出来ます。賃貸経営はマンション・アパートが一般的ですが、地方都市の人口減少などの供給バランスが崩れ家賃収入は下落傾向にあります。戸建賃貸経営はオーナー様に安定した賃貸収入を得ることのできる商品を第一に考え、オーナー様が安心できる新しい資産運用商品としてご提案します。

 賃貸経営は入居者がいれば月々決まった額の家賃を長期にわたって得ることが出来ます。それを戸建住宅で行うというのが戸建賃貸経営です。戸建賃貸経営を始めるにあたっては、何かの資格を取得する必要はなく不動産業界とは別の業界で働いているサラリーマンでも可能です。サラリーマンでも出来る賃貸経営といえばワンルームマンションが多いですが、土地を持っている人であればアパートやマンションを建設するよりも安く済みますから、比較的始めやすい投資です。

 しかしながら、入居者の募集から建物の修繕や入居者と近隣住民とのトラブル、家賃の徴収など大家としてやらなければいけないことは多いですから、他の仕事をしている人では手が回らないこともあります。それに近隣トラブルでは暴力沙汰になる恐れがあるので、普通の人ではうかつに手を出すのは危険です。ですから、実際にはその業務の多くを管理会社に任せる事が多いです。

 また、老後のために戸建賃貸経営をするのではなく、転勤をしている間だけ家を有効活用するために人に貸すという場合もあります。その場合には、転勤が終わったタイミングで家に戻ることが出来るように、契約の更新をすることがない定期借家契約で貸し出されます。

 戸建賃貸経営をするにあたって、注意しなければいけないのが失敗するリスクも存在するということです。確かにマンションよりも戸建てに住みたいという願望を持つ人が多いですが、高級な戸建住宅だとしたら家賃が高く入居できる人が限られてしまいます。それにお墓の隣など立地が悪ければその家で暮らしたいという人は少なくなります。

 メリットもあればデメリットもあるということを理解した上で、投資をしなければ後悔することになります。

戸建賃貸の優位性

戸建賃貸は常に予約待ちの状態です。供給戸数が少なく、入居率・近隣戸建がない為に競争相手が発生しません。常に非常に高い入居率を維持可能であり、洋館家の戸建賃貸に関しては入居率100%の実績があります。希少性が高く、長期にわたり高いニーズが見込めるのが現状です。 戸建賃貸は車保有のファミリー層が中心となり、立地条件の悪さに左右されず、投資額が少なくて済みます。 管理維持費・管理費などは共有部分がないのでかかることがありません。修繕費も一般のアパート・マンションと違い入居年数が長い為に3分の1で済ますことが可能になります。

 マンションではなく戸建賃貸をすることの優位性は、戸建住宅のほうが建物にかかるコストを抑えることができるのでローンを利用したときに早く完済をすることができます。そして家賃をマンションよりも高く設定する事ができるので利回りも良いです。将来的に値下げをしたとしても安いアパートやマンションよりも多く家賃が入りやすいです。

 入居者についても近隣トラブルが起こりにくいので管理がしやすいですし、プライバシーを重視して戸建住宅を借りたいという人は多いけれども戸建賃貸の数は少ないので空き家リスクも抑えることができます。そして入った人はそれなりに高い家賃を支払うことが出来る人です。安定した収入を得ているサラリーマンで、問題になるような行動を起こす心配もありません。良い入居者は落ち着いた生活をしてくれますから、建物の劣化も防ぐことが出来ます。それに加えて子育てをしている家庭などは学校などもありますから転勤などよほどの事情がない限り引っ越しをすることはありません。長期的に家賃が入ることが期待できます。

 立地についてはマンションやアパートでは駅から近いところでなければ、となりがちですが戸建住宅であれば駅から10分、15分位ならば許容できると考える人が多いです。ですから多少は立地が悪くても入居者がいなくなることはありません。

 万が一戸建賃貸経営に失敗してしまったとき、アパートやマンションだと建物をまるごと買ってくれる人を見つけなければいけないこともあり買い手が見つかりにくいです。しかし、戸建住宅はこれまで賃貸に使ってきたとはいえ普通の中古住宅として売却することができます。 その分損失を抑えることが出来るので資産の目減りが拡大することはありません。

高い収益性

戸建賃貸住宅は生活環境が大幅に変わる事が少ないファミリー層が中心に入居しますので、「家賃の滞り」「トラブル」も少なく、比較的収入の安定した入居者が中心になることも魅力です。 戸建賃貸経営の魅力として、入居年数ではアパート・マンションの入居期間は約2年が一般的ですが、戸建賃貸の入居期間は約5年と言われています。 家賃変動が少ない為、長期間にわたり安定した経営が実現します。 アパート・マンションと違い、一戸ずつ売却が可能なので出口対策としての売却も損切りせずに済みます。

 戸建賃貸経営には、様々なメリットがあります。まず、マンションやアパートに比べて建築コストが安く済むので、初期投資を抑えることができます。中古物件を安く購入してリフォームしたり、リノベーションを行ってまるで新築のようにして貸し出すという人もいます。上手にリフォームを行うことで、少ない資金で資産価値を高めることができます。銀行などの金融機関から融資を受ける場合などは、融資額が大きいと返済する利息も増えますから当然リスクも大きくなります。利回りがマンションやアパートに比べて良いというのも大きなメリットです。

 次に、空き室になることが少ないということも挙げられます。立地条件や建物の状態などによっても違いますが、戸建住宅は潜在的なニーズが高いので非常に人気があります。そのため入居者がなかなか見つからないといったことはあまりありません。一度入居したら、長く住んでもらえるというメリットもあります。戸建住宅に住む人は定住を考えていたり、子供の教育環境を吟味して住宅を選んでいることが多いので、すぐに引っ越すことは少ないといえます。マンションやアパートなどの場合には、転勤や結婚、出産などを理由にすぐに引っ越してしまうということも多くあります。

 そして、戸建住宅の場合だと、多少駅から遠くても入居者が見つかる可能性が高まります。マンションやアパートなどは駅から近いほど人気が高く、家賃も高めに設定されています。その反対に駅から遠いと敬遠されがちです。最寄り駅から徒歩15分以上の物件になると、なかなか入居者が決まらないといったこともあります。 それに対して一戸建て住宅であれば、少しくらい駅から遠くてもいいと考える人が多いようです。

戸建賃貸経営の節税対策

戸建賃貸を建設する事により、その土地は小規模住宅用地となり、1戸当たり200㎡までは固定資産税が1/6に、都市計画税が1/3に軽減されます。 200㎡を超える部分は、固定資産税1/3・都市計画税が2/3に軽減されますので節税対策になります。 賃貸経営は管理コスト・支払金利など実際の経費以外に減価償却費を計上する事が可能なので課税対象額を抑えられます。 青色申告では特別控除を受けられますので、事業規模での経営は協力している親族に専従者給与を経費にする事により課税対象額を大幅に抑えることが可能です。 土地活用に戸建賃貸を選択することで、収入を得ながら固定資産税が軽減され、効果的な節税対策を行うことが可能です。

 できるだけ納める税金を減らしたいと思うのは自然なことです。やり方によっては脱税だと指摘され、むしろ納める税額が増えてしまいますが、正しい方法で節税に取り組むようにすれば税金の負担を軽減させることができます。さまざまな節税対策の方法があるので、もっとも自分に適した方法が何なのかを考えることが大切です。やみくもに対処しようとしても、なかなか税金を減らすことはできません。せっかく努力したのに、その努力に見合った節税にならなければ単なる時間の無駄になってしまいます。

 節税の効果が大きくなるのは、なんといっても不動産を上手に活用する方法です。不動産を所有していない人にとっては無関係の話ですが、空いている土地や貸し出すことができる建物がある人の場合は効果的な節税対策になります。特に注目を集めているのは、建物の中でも戸建物件を賃貸する方法です。戸建物件の賃貸経営を行うようにすると、思っている以上の節税効果が期待できるようになるのです。 ただし、不動産に慣れていない人がいきなり賃貸経営をしようとしても戸惑ってしまいます。どのように行動すればよいかを考えなければなりません。具体的な行動を起こす前に、戸建物件の賃貸経営によって得られるメリットが何なのかを把握することが大切です。節税の効果が期待できるという抽象的な理解だけで始めてしまうと、本当に得なのかが分からなくなってしまいます。

 戸建物件の賃貸経営による節税効果としては、たとえば固定資産税・都市計画税の負担を軽減できる効果が挙げられます。これらの税金は、住宅1戸ごとに軽減措置が設けられているため、戸建物件を所有することで納税額が小さくなるのです。更地の場合と比べ、年間で約19万円もの節税になることもあります。

戸建賃貸経営の節税効果の優位性

戸建物件を所有するようになると、建てた土地が小規模住宅用地という扱いを受けることになり、固定資産税と都市計画税の減額効果が得られます。マンションやアパートを賃貸するのと比べ、1戸あたりの減額効果が大きいため、注目を集める節税対策の方法なのです。他の方法を用いるのが得だと判断している人は別として、どれがよいのか分からない人、とりあえず何か節税対策をしたい人は戸建物件の賃貸経営を始めるのがよいといえます。

 余っている土地があるときに、その土地を活かして駐車場やトランクルームを作る人もいますが、これらの方法では思うような節税効果が出ません。駐車場などの賃貸でも節税になると思っている人もいますが、実は駐車場などでは節税どころか税金が多くなる可能性もあるのです。建物がないため、建物に関わる税金を節約できなくなってしまいます。

 マンション・アパートの賃貸経営も人気があるのですが、これらには戸建物件の場合とは大きく異なる特徴があるのが難点です。複数の部屋を貸し出すため、入居率を意識せざるを得ません。誰も借りてくれなければ賃料収入が発生せず、せっかく不動産経営をする意味が薄れてしまいます。その点、戸建物件であれば入居率を考えずに済むのです。貸し出す数が最初から少ないため、ほとんどのケースで入居率が100%近くになります。安心して経営できるのがメリットです。

 安定した収益が期待できるのに加えて、管理費・維持費などの負担が小さいところも戸建物件の特徴だといえます。マンションやアパートを賃貸していると頻繁に修繕費が発生しますが、戸建物件は修繕費が安いです。 そして、固定資産税や都市計画税が軽減される可能性が高い点こそ、戸建物件のメリットだと考えられます。1戸ごとに判断されるため、かなり優遇されるのです。

戸建賃貸の相続税対策

戸建賃貸の土地は貸家建付地と評価されるので相続税評価額が軽減されます。 土地評価が75%前後軽減し、建物価格相続対象に適用すると建築費用40%前後に減少します。 戸建賃貸は土地・建物の分筆が可能なので、争続になる事なく円滑に相続処理が出来るので相続税評価額を下げられます。 収益物件として切り離しての売買も可能です。 分筆不可能なアパートやマンションとは違う戸建賃貸のメリットです。

 不動産を相続する場合には多額の相続税が発生することが少なくありません。特に近年では相続税に関する基礎控除の金額が引き下げられ、評価額が3千万円を超える不動産の場合には基礎控除の対象から外れてしまうことになっており、そのまま相続をすると相続人に対して多額の税金が課税されることになるのです。

 戸建賃貸経営は相続対策の面では非常に有効な方法として注目されています。戸建の場合には一定の敷地面積以下であれば不動産の取得税や固定資産税が数年間減免されることになっていますが、これは不動産の評価額自体が減免されることになっているため、相続を行った場合の相続税についても減免された評価額に対して設定されることとなり、効果的な対策を行うことが可能です。また賃貸住宅の場合には単に住宅を建設し相続をした場合に比べ賃貸に依拠をしていると言う理由からさらなる評価額の減免が行われることになり、税額が低く設定されることになるのです。

 一般的に不動産を相続する場合には、遊休地のまま相続する場合に比べ建物を建てていることからその評価額が低く設定される傾向があります。この土地に賃貸物件を建てた場合には賃貸物件に対する減免措置として評価額の80%が減免される措置が適用されることになり、加えて戸建の場合にはその敷地面積によってさらに減免されるということになるため非常に低い税額となることになります。この点はアパートなどの集合住宅を建て賃貸する場合に比べ税額が低く設定されることにつながるので、効果的な相続で対策が行える方法として注目されるものとなっているのです。そのため相続対策には戸建て賃貸経営が非常に有利と考えられています。

洋館家 戸建賃貸
栃木県知事(般-28)第22480号
栃木県鹿沼市西茂呂1丁目3番地13
【フリーダイアル】0120-64-3138 【TEL】0289-64-3138
Copyright©Youkan Co.,All Rights Reserved.